外からタイプの種類

化粧水や美容液など、肌の外側からヒアルロン酸を補うことができる商品は、たくさんあります。実のところこのようなケア商品に含有されているヒアルロン酸はもともと分子が大きいため、お肌の真皮と呼ばれている部分までは届いていません。しかしながら、これだけ多くのスキンケア商品にヒアルロン酸が含有されているのは、なぜでしょうか?それはヒアルロン酸がお肌のもっとも外側である表皮部分にとどまるからです。

そして表皮よりも奥にある成分が逃げないように、しっかりと守ってくれるのです。そのため、結果としてお肌の内側は潤いが保たれ乾燥状態を防いでくれることになります。お肌の保湿にはヒアルロン酸以外にもセラミドなどが必要と言われていますが、こういった成分が蒸発して乾燥した状態になってしまうことを、ヒアルロン酸が不足しています。

化粧水などを使う際にはできるだけ小さな分子のヒアルロン酸が使われているものを選びましょう。ハンドプレスをして、可能な限りお肌になじませてあげる事も大切になります。最近はヒアルロン酸が含有された洗顔料などもありますが、こういったアイテムを使うと洗顔によって逃げてしまう水分などが最小限に留められ、大幅な乾燥状態を防いでくれます。

ヒアルロン酸を体内摂取

ヒアルロン酸は私たちの体内にもともと存在している成分です。しかしながら、加齢とともに減少していきますので、補ってあげなくてはなりません。ヒアルロン酸を体内摂取する際に、どんな方法があるのでしょうか?近年ではヒアルロン酸を含むサプリメントが販売されていますが、こういったものを摂取することである程度はヒアルロン酸を補えるようです。しかしサプリメントなどから補えるヒアルロン酸はごくわずかですので、やはり直接お肌表面から補ってあげる方がベストです。

体の摂取する方法の一つには上記したサプリメントではなく、直接ヒアルロン酸を注入する方法があります。これは美容クリニックなどで行っている方法ですが、目尻などのように小ジワの目立つ部分や、その他にもくすみなどが気になる部分にヒアルロン酸を注射することでお肌にハリを与えます。

ただしこのような方法にはいくつかのリスクもあるので、そういったリスクまでを把握した上で、どうしても必要であれば注射をする方法もあります。サプリメントを摂取する際には一度に多量の摂取をしても効果は変わりません。それよりも毎日同量を摂取し、継続していく方がお肌の内側で水分を保持してくれる働きにつながってくれるようです。

ヒアルロン酸は保湿がすごい

ヒアルロン酸はお肌の保湿をしてくれる成分として知られています。乾燥が目立ってしまう方や、アンチエイジングに力を入れている方はご存じではないでしょうか?しかし、このヒアルロン酸はどれ程までに保湿力がすごいのかについて詳しく知らない方もいるようです。単純に保湿力がすごいと言われているだけで、具体的な作用などを知らずに使っている方は、正しい知識をもつ必要があります。その上でお肌のケアに使用する際にベストな使い方を選んでいきましょう。

まずはじめにヒアルロン酸の保湿力について最もわかりやすいのは、私たちの目になります。私たちの目というのは眼球の中の99%が水分だといわれています。残りの1%がその他様々な成分が含有されていますが、99%の水分を保持できるのはヒアルロン酸のおかげです。たった1グラムのヒアルロン酸があれば、なんと6リットルもの水分を保持することが可能です。お肌だけでなく、体内でも軟骨の形成に携わっていることやその他様々な部分に携わりながら、水分の保持を助けてくれています。

このヒアルロン酸は体にとって必要不可欠なものですが、年齢を重ねるに従ってどんどん減少してしまうことがわかっています。そのためしっかりと補うことが重要になっており、お肌の外側からも内側からも補ってあげる必要があります。ヒアルロン酸を体内摂取するケース、また外から補ってあげるケースで向いている商品にも違いがあるので正しく選びましょう。ヒアルロン酸でお肌の水分を保持すれば、いつまでも若々しく潤った状態が続きます。